2019年01月14日

どんと祭。

今日はどんと祭です。
どんと祭は「左義長」「とんど祭」「歳の神」「三九郎」など色々な呼び方があります。
どんと祭は、お正月に飾った門松や注連飾り書初めで書いた物などをお焚き上げします。
お焚き上げの火にあたったり、火で焼いた餅や団子を食べると無病息災の1年となるといわれております。
龍寶寺の隣り大崎八幡宮ではどんと祭を松焚祭(まつたきまつり)と呼び、毎年約10万人の参拝者が訪れます。
大崎八幡宮では「裸参り」が行われます。白鉢巻き、白さらしを巻き、口には私語を慎む為に「含み紙」をくわえ、右手には鐘、左手には提灯を持ち御神火を目指します。
もとは厳寒時に仕込みに入る酒杜氏が酒造安全・吟上祈願の為に参拝したのが始まりとされています。
現在では色々な企業や団体が列をなして御神火を目指しています。
今日はご家族でどんと祭へお参りして、1年の無病息災を願って御神火に当ってみてはいかがですか。
posted by 龍寶寺 at 09:41| Comment(0) | 最新情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: