2021年09月23日

秋彼岸

本日は彼岸の中日です。
お墓にお参りに行かれた方も多いのではないでしょうか?
彼岸にお参りをすることは『極楽浄土(ごくらくじょうど)』が関係しています。
『極楽浄土』は別名「西方浄土(さいほうじょうど)」といって西の彼方に阿弥陀如来さまが治めている世界があります。
秋分、春分の日は昼夜の時間が等しくなり、太陽が真東から昇り真西に沈むので、極楽浄土とこの世がつながると考えられていました。
真西に沈む太陽に手を合わせ、はるか遠い極楽浄土に思いをはせて、ご先祖様に感謝をしたのが始まりだといわれています。
新型コロナウイルスの影響などで、お墓参りなどを控えている方も多いかと思います。
そんなときは、昔の人のように沈む太陽に手を合わせてみてはいかがでしょうか?
posted by 龍寶寺 at 15:27| Comment(0) | 最新情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: