2017年01月06日

暦について。その2

昨日は二十四節気の中で、これから本格的な寒さの訪れである「小寒(しょうかん)」でした。
寒の入りとなりましたので暖かくして体調管理にご注意ください。

さて、前回は「六曜星」についてお話いたしました。
六曜星は1日の吉凶についてでしたが、今回は1年を通しての吉凶である「九曜星(くようせい)」についてのお話いたします。
曜日に使われている「七曜星」に日蝕を起こす「羅睺星(らごうせい)」と月蝕を起こす「計都星(けいとせい)」を加えたもので、年齢の数え年で定められた吉凶です。
自分の星と吉凶については下の画像をご覧ください。

九曜星の丸.jpg


自分の星と1年の吉凶はわかりましたでしょうか?
星の名前の横に書いてある丸の見方については前回の記事をご覧ください。
今回は大体の1年の吉凶についてご覧いただきました。
それぞれの九曜星の吉凶については次回お話いたします。
posted by 龍寶寺 at 16:46| Comment(0) | 最新情報

2017年01月04日

暦について。その1

正月三が日はいかがお過ごしでしたか?
新しい年になると本屋さんなどで「暦(こよみ)」「開運暦(かいうんれき)」を見かけると思います。
何が書いてあるかというと「今年の運勢」「1日の運勢」「○○をするのに適した日/適さない日」などが書いてあります。

今回はカレンダーの日付の下によく書いてある「六曜星(ろくようせい)」についてご説明します。

先勝(せんしょう)
・何事も急ぐことが良いとされる日。
・午前中は吉。午後から凶。

友引(ともびき)
・勝負事、争い事では勝ち負けが決まらない日。
・葬儀には適さない日。
・朝夕は吉。昼頃は凶。

先負(せんぷ)
・静かに行動することが良いとされる日。
・勝負事や急用には適さない日。
・午前中は凶。午後は吉。

仏滅(ぶつめつ)
・何事も遠慮することが良いとされる日。
・病気をすると長引く。
・一日を通して凶。

大安(たいあん)
・何事に取り組んでも良いとされる日。
・一日を通して吉。

赤口(しゃっこう)
・火の元、刃物に注意する。
・正午頃が吉。それ以外は凶。

暦に○に半分黒く塗ってあったり、白丸だったり、黒丸だったり……というのを見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが、下の画像のような見方です。


暦の丸.jpg

何をしたらいいか迷う日や、大切な日を1度「暦」で調べてみてはいかがでしょうか?
posted by 龍寶寺 at 15:53| Comment(0) | 最新情報

2017年01月02日

守り本尊様

あなたの干支はなんですか?
干支にはそれぞれ守り本尊様がいます。
仏様のお名前の横は仙台でお祀りしている寺社仏閣の名前です。

子  千手観音(善入院観音堂)
丑寅 虚空蔵菩薩(虚空蔵堂)
卯  文殊菩薩(鷲巣山文殊堂)
辰巳 普賢菩薩(愛宕神社)
午  勢至菩薩(賢聖院二十三夜堂)
未申 大日如来(教楽院大日堂)
酉  不動明王(三居沢不動尊)
戌亥 阿弥陀如来(大崎八幡宮)

仙台では干支の守り本尊様を「掛体神(けたいがみ)」「ケデガミサン」と呼ばれることもあります。
ケデガミサンは仙台城築城の際に城下を守る為に、各方位を示した干支と寺社の位置を組み合わせそうです。
そのため、仙台市内中心部にケデガミサンをお参りすることができる寺社が集まっています。

お正月にどこかお参りに行こうとお考えの方は、近くにあるケデガミサンをお参りして、無病息災のご加護をいただくというのはいかがでしょうか?

posted by 龍寶寺 at 16:35| Comment(0) | 最新情報